受診される方へ

ネット予約事前申し込みをされる前に、予約画面の確認事項をよくお読みください

電話予約

掲載記事・取材のご紹介

からだにいいこと 2022年10月号 (2022年8月16日発売)
からだにいいこと 2022年10月号

院長 吉野真未の取材記事が掲載されました。

p.114 ピントが合わない…「目にいいこと」で老眼・スマホ老眼対策を!
Web:https://www.karakoto.com/37227/

週刊ゴルフダイジェスト2021/3/23号(3/9発売) に記事掲載 (2021年3月17日)
週刊ゴルフダイジェスト

当院院長が週刊ゴルフダイジェスト2021/3/23号(3/9発売)に記事が掲載されました。

■マスク生活で楽かもしれないけれど・・・  今年の飛散量は?【花粉対策2021】

TOKYO MXテレビ「ええじゃないか!!」に出演 (2021年2月26日)

当法人理事長が監修したアプリ、かゆみダスが紹介されました

花粉症でおなやみの方、ぜひご覧ください!
痒くない時にもプロアクティブ点眼すると、効果的です。歯磨きも痛くなってからでは効果少ないですよね!
動画はこちらから

『tenki.jp』による特別対談 (2021年1月14日)
特別対談

画像元:tenki.jp

花粉症患者の傾向や、目のかゆみの治療方法について

日本気象協会所属の気象予報士・真田知世様と、アレルギー疾患のエキスパートである医療法人社団慶翔会 理事長・深川和己先生による、特別対談が行われました。

(PC用)
https://tenki.jp/suppl/tenkijp_pr/2021/01/14/30120.html
(スマートフォン用)
https://tenki.jp/lite/suppl/tenkijp_pr/2021/01/14/30120.html

からだにいいこと 2019年11月号 (2019年9月14日発売)
からだにいいこと 2019年1月号

院長 吉野真未の取材記事が掲載されました。

p.69  ピンぼけ、疲れ目、視力低下に気づいたら あの手・この手で「STOP!老眼」

上記記事内、 p.70 医師が断言「実は❝老眼❞は20代から始まっています」

からだにいいこと 2019年1月号 (2018年11月16日発売)
からだにいいこと 2019年1月号

院長 吉野真未の取材記事が掲載されました。

p.114 「からこと」世代が気をつけたい目の不調(老眼について)

TBSテレビ 名医のTHE太鼓判「目の健康寿命を延ばして老眼・白内障・緑内障に負けるなSP」(2018年8月13日放送)
吉野先生TV出演の様子

吉野先生が出演しました

40代になると始まると言われている老眼。
しかし、昨今の生活習慣の中には、目の老化を進めるものが溢れており、今では20代や30代でも老眼になる人が増えている!
そして、普段の食生活で目に良い食材があった!
一工夫だけで目に良い効果が期待できる、最強の食材とは!?
そして、早期発見がカギとなる白内障と緑内障、その対策は?
[引用:名医のTHE太鼓判]

現代書林社 (2018年1月12日発売)

理事長 深川和己 の著書が発売されます。

「悩んでいる花粉症の症状」で「鼻水」と第一位を競い合っている「目のかゆみ」。発症(花粉飛散)2週間前から眼科での治療を始めれば、かゆみのピークも圧倒的に和らぎ、かゆみを感じる期間も、薬も、通院の手間も、治療費も劇的に減らせることはまだほとんど知られていない。10人に1人も患者さんしかしていない、目の花粉症の【初期治療】を、ベテラン眼科専門医がやさしく解説します。「眼にもマスク」で効果倍増・予防法とセルケアも満載!

宝島社GLOW8月号(6月28日火曜日発売)
宝島社GLOW8月号(6月28日火曜日発売)
宝島社GLOW8月号(6月28日火曜日発売)
宝島社GLOW8月号(6月28日火曜日発売)

院長 吉野真未の取材記事が掲載されました。

「瞳のエイジング対策、してる?」

  • 老眼の正しい知識を身につけましょう!
  • 知っておきたい「老眼のウソ・ホント」
  • こんな症状が出たら要注意!
  • 話題の「スマホ老眼」って?
宝島社GLOW11月号(9月28日水曜日発売)
宝島社GLOW11月号(9月28日水曜日発売)

飯田橋眼科クリニックが紹介されました。